ホーム(基礎編) PC側での無線接続設定 ルーターのIPアドレス Buffaloルーター
NECルーター Logitecルーター Planexルーター fonルーター
au CUBE iPad/iPhone 新着情報 厳選Win7ノートPC

バッファロー 無線ルーター設定マニュアル

注意)はじめに全編を一読され、概要を把握してから実作業を行って下さい。


はじめに・・・Buffalo WiFiルーターについて

市場シェアの約50%を占めるバッファロー(Buffalo)製の無線ルーターの設定方法について解説します。
対象機種はWHR-G300N(2008年10月発売)以降の機種です。
また、接続する パソコンについては、Windows標準の無線LAN機能内蔵の機種を前提にし、基本的に、Buffaloの独自ユーティリティである『クライアントマネージャ』および『Air Station設定ツール』を使用しないで接続する方法について説明しています。
無線LAN子機を使用している方は付属の取扱説明書にしたがって無線ルーターに接続して下さい。
これから無線LAN子機を購入される方にはバッファロー製のものをお奨めします。

バッファロー製のルータはルータ背面の切換スイッチをAUTOにすると回線種類を自動判別し、DHCPの場合は自動的に接続され、PPPoEの場合はID・パスワードを入力する画面に自動的に切り換わるようになっていて便利なのですが、固定IPアドレスの場合はAUTOモードが適用されず、さらに、取扱説明書に固定IPアドレスの場合の設定方法が記載されていないので、ほとんどの場合、「設定できない???」ということになります。固定IPアドレス方式軽視,地方・弱小プロバイダー無視という方針としか理解できません。Buffaloルーターは、地方・弱小プロバイダーから相当嫌われていると思います。

ここでは、プライベート固定IPアドレス(グローバル固定IPアドレスの場合も適用可)接続方式の場合の設定の解説をします。

[ホーム(基礎編)]の【注意事項】をお読みになり、ご納得された場合のみご利用下さい。※

【注意】
2012年6月下旬に発売されたWHR-300HP,WZR-300HP等の機種については、Air Station設定ツールでしか固定IPアドレス用の設定画面に入れない事例がありましたので、このページの下のほうに『Air Station設定ツール操作マニュアル』を追加しました。


1.はじめに ...

本編の対象機種はWHR-G300N(2008年10月発売)以降の機種です。

2.準備

最近のBuffaloルーターは、背面スイッチのデザイン・表示・操作方法に統一性がなくなりましたが、いずれの場合も「ルーター・モード」にすればOKです。
取扱説明書にルーター・モードの設定について書いてあると思うのですが、記載がない場合は「buffalo お手持ちの製品の型番 ルーターモード」とか「buffalo お手持ちの製品の型番 取扱説明書」とかで検索して確認してください。

ルーター背面写真

@ルーターのLANポートのいずれかとパソコンのLANポートをLANケーブルで結線して下さい。
※この段階では、モデム(または光回線終端装置)とルーターの結線は不要です
Aルーター背面の〔ON-OFF-AUTO〕の切換スイッチを ON にして下さい。

※2013年秋モデル以降の機種では【ON】ではなく【Router】、また押しボタン式のものがあります。詳しくは下の画像を参照してください。
いずれにしても、「ルーターモード」にする必要があります。
取扱説明書に切換スイッチについての記載があるはずですので参考にしてください。
取扱説明書に記載がない場合は、「これから設定するルーターの製品型番 マニュアル」でネット検索してみてください。

B[ホーム(基礎編)]の『インターネット接続設定基礎−有線接続編』の【動的IPアドレスの場合のパソコンの設定】を行って下さい。
Cルーターとパソコンの電源を入れて下さい。
Dプロバイダーから提供された、IPアドレス,サブネットマスク,ゲートウェイアドレス,DNSサーバーアドレスが記載された『設定票』,『登録票』,『登録通知書』等と呼ばれる書類を用意して下さい(プロバイダーによって呼称は異なります)。
WZR-D1100H等 の場合
ルーター本体背面の[ROUTER]スイッチを何度か押して(長押し気味に1〜2秒押してください)、ルーター本体正面のランプを全て青(点灯)にします。
WZR-D1100H
WZR-600DHP/WZR-900DHP等 の場合
ルーター本体背面の[MODE]スイッチを何度か押して(長押し気味に1〜2秒押してください)、ルーター本体正面のランプを全て緑(点灯)にします。
WZR-600/900DHP
WZR-1160DHP/WZR-1750DHP等 の場合
ルーター本体背面の[AP⇔WB]切換スイッチを[AP]にします。
ルーター本体背面の[MODE]スイッチを何度か押して(長押し気味に1〜2秒押してください)、ルーター本体正面のランプを全て青(点灯)にします。
WZR-600/900DHP
WHR-600D/WHR-300HP2等 の場合
ルーター本体背面の切換スイッチを[Router]にします。
WHR-60D0/300HP2

3.設定

3.-1 ブラウザ起動とルーター・アドレス入力
@ Internet Explorer等のWEBブラウザを起動します。
A アドレスバーに表示されたアドレスをキーボードのBackspaceキーかDel(Delete)キーを使って一旦消去(空欄に)します。
B 192.168.11.1 と入力して、キーボードのEnterキーを押します。
※ ごく一部ですが、http://192.168.11.1ではない機種もあります。
  その場合、http://192.168.10.1/ または、http://192.168.12.1/ を試してみて下さい。
ルーター・アドレス入力

機種によっては次の画面が表示されますが、http://192.168.11.1/ の後の部分を削除してから Enter キーを押しください。WHR-300HP2,WHR-1166DHP 等の場合、一発でユーザー認証画面が表示されることはめったになく、http://192.168.11.1/ の入力を何度か繰り返さないとダメなようです。これについては、ブラウザをInternet Explorerではなく、Firefoxを使うとうまくいくことが多いです。

WHR-300HP2 初期画面

【注意・必須】
WEBブラウザを起動しただけで下のユーザー認証画面が現れた場合、アドレスバーに表示されたhttp://192.168.11.1/○△□・・・○△□・・・の部分を消去し、
http://192.168.11.1/ と表示させてからキーボードの[Enter]キーを押して下さい。

ユーザー名とパスワードの入力要求画面が表示されます。
C 特にパスワードを設定していなければ次のように入力し[OK]をクリックします。
ユーザー名:root
パスワード:入力しない(空欄状態)
ユーザー認証画面
※Windows OSのバージョンによって画面デザインは異なります。
2012年6月以降に発売された機種に関しては、
ユーザー名:admin / パスワード:password に変更されています。
詳しくはルーター付属の取扱説明書で確認して下さい。



下のユーザー認証画面が表示される機種の場合は、こちらのページにジャンプしてください。
ユーザー名:admin
パスワード:password

WZR-900DHP2 初期画面
パスワードがわからない場合
※以前に設定したパスワードを忘れてしまった場合はルーターのリセットを行うしかありません。しかし、ルーターのリセットを行うと、無線接続しているプリンター等の周辺機器の無線接続の再設定が必要になる場合がありますのでご注意下さい

特に企業体の場合で、外部のシステム業者にオフィス内のルーターを含めたOA機器の設置・設定を依頼していた場合は、よほど自信がない限り、ご自分でルーターのリセットを行わないほうが無難です。そのシステム業者にご相談下さい。
ルーター・リセット方法
ルーター底面のリセット・ボタンを、つまようじなど金属物でないものでDIAGランプが赤点滅を始めるまで長押しします。DIAGランプの赤点滅が終了したらリセット完了です。

※リセット・ボタンの位置は機種によって異なる可能性があります。底面にない場合は取扱説明書や、BuffaloのWEBサイト等で確認してください。

ルーター底面

Air Station設定画面表示

ログインに成功すると、ブラウザにAir Station設定画面が表示されます。
D [Internet/LAN]のタブをクリックします。
設定画面TOP

設定値入力

E『手動設定』をクリック。次に、プロバイダーから発行された『設定票』等に記載されている
IPアドレス
サブネットマスク
デフォルトゲートウェイ
プライマリー(優先)DNSサーバーアドレス
セカンダリー(代替)DNSサーバーアドレス
を入力・選択し、『設定』をクリックします。
手動入力説明

ログアウト

下の画面に変わります。
再スタート

設定入力画面に戻りますので、『ログアウト』をクリックします。
ログアウト

ブラウザ画面右上隅の×をクリックしてブラウザを閉じます。
ブラウザ終了

4.モデムとルータの結線

ルーターとパソコンを結線していたLANケーブルを取り外し、モデムとルーターのWANポート(2.準備の画像参照)を結線します。
モデム,ルーターともに電源が入っていることを確認して下さい。

5.パソコン側での無線接続設定

パソコン側での無線接続設定についてはメインサイトで解説しています。

または、PDFファイル『パソコン側での無線接続設定マニュアル』にしたがって下さい。

6.付録)もう1つのDHCP接続設定

DHCP方式の場合、次のように設定する方法もあります。
こちらのほうが[AUTO]で設定するよりも安定して動作します。
3.-3 の設定で、『DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得』をクリックして『設定』をクリックします。
DHCP設定
SPONCERED LINK
メンタルサプリ専門店♪天然メラトニンで、ぐっすり休息★

【Air Station設定ツール操作マニュアル】

次に、例外的に、Buffalo社の独自ユーティリティである『Air Station設定ツール』を用いる場合の設定方法について解説します。
Buffalo社独自の接続方法である『AOSS』の説明も含まれています。
こちらもPPPoE接続方式の場合は除外して作成しています。
パソコンがデスクトップ型で、ルーターとの距離が離れていて、ルーターとパソコンをLANケーブルで結線できない場合には、この方法で設定するしかありません。

1.はじめに

『Air Station設定ツール』は、『クライアントマネージャー』をパソコンにインストールし、初期AOSS接続実行後に操作可能となります。

※『Air Station設定ツール』『クライアントマネージャー』はBuffaloルータに付属のCDに収録されています。
また、次のWebサイトからもダウンロードできます(2015年8月時点)。
http://buffalo.jp/download/driver/lan/airset2.html#1
http://buffalo.jp/download/driver/lan/clmg5.html


2.機器の接続

モデムまたは光回線終端装置とルータをLANケーブルで接続します。
接続したらそれぞれの電源を入れます。

3.初期AOSS接続

ルータ背面の[ON−OFF-AUTO]の切換スイッチを[AUTO]にします。
(2.準備を参考にしてください)
3.-1 クライアントマネージャーVの起動
[スタート]→[すべてのプログラム]→[BUFFALO]→[エアステーションユーティリティ]→[クライアントマネージャV]の順序でクリックして起動します。
もしくは、パソコンのデスクトップ画面上に下のアイコンがある場合は、このアイコンをダブルクリックします。

スタート→cmV起動
3.-2 クライアントマネージャーVの実行
画面右下にこの画面が表れますので、[接続先の作成]をクリックします。
接続先の作成

下の画面が表れますので[WPS/AOSS]ボタンをクリックします。
[WPS/AOSS]クリック

この画面に切り換わりますので、ルータ本体のAOSSボタンをSECURITYランプが点滅するまで長押しします。点滅したらボタンから手を放します。
AOSSボタン案内画面
AOSSボタン・セキュリティランプ案内

次のように画面が推移します。
経過-1
経過-2

[保存して閉じる]をクリックします。
保存して閉じる

[閉じる]をクリックします。
次回cm接続案内

4.Air Station設定ツールの実行

4.-1 Air Station設定ツールの起動
[スタート]→[すべてのプログラム]→[BUFFALO]→[エアステーションユーティリティ]→[エアーステーション設定ツール]の順序でクリックして起動します。
もしくは、パソコンのデスクトップ画面上に下のアイコンがある場合は、このアイコンをダブルクリックします。

エアーステーション設定ツール・アイコン
cmV)スタート→エアーステーション設定ツール起動
4.-2 Air Station設定ツール操作
Air Station設定ツールを起動すると次のように画面が推移します。

[次へ]をクリックします。
エアーステーション設定ツール初期画面
経過-1
ルーターのSSIDと一致しているかどうか確認します。
[次へ]をクリックします。
経過-2

[設定画面を開く(W) (通常はこちら)]をクリックします。
設定画面を開く

[完了]をクリックします。

※[完了]をクリックしなくても次の画面に移行することがあります。
完了クリック

ユーザー名・パスワードの入力画面が現れます。
ユーザー認証画面

5.ルータ設定

5.-1 ユーザー認証
ユーザー名入力

特にユーザー名,パスワードを設定していない限り、
ユーザー名:root
パスワード:空欄
のままで[OK]をクリックします。

2012年6月下旬に発売された機種では
ユーザー名:admin
パスワード :password

に変更されています。
5.-2 設定入力
5.-2a 静的IPアドレス=固定IPアドレス の場合
[手動設定]の円枠をクリックし、
プロバイダーから発行された『設定票』『登録票』『登録通知書』等に記載された
@IPアドレスを入力します。
Aサブネットマスク・・・『設定票』等に記載された数値を選択します
Bデフォルトゲートウェイ(ゲートウェイアドレス)を入力します。
CDNS(ネーム)サーバアドレス・・・プライマリ,セカンダリを入力します。
設定項目は以上の4項目だけです。
[設定]ボタンをクリックします。
手動設定入力
5.-2b 動的IPアドレス=DHCP の場合
[DHCPサーバからIPアドレスを自動取得]のボタンをクリックし、[設定]ボタンをクリックします。
DHCP設定
再スタート
5.-3 設定終了画面
設定が終了すると5.-2a,5.-2bの画面に戻ります。
[ログアウト]をクリックします。
ログアウト

下の画面が表示されますので、右上隅の「×」をクリックして画面を閉じます。
ブラウザ終了

6.モデム・リセット

モデム(または光回線終端装置)電源を一度切って、もう一度入れて下さい。(もしくは、モデムのACジャックからプラグを抜いて、もう一度挿して下さい。)
以上で設定は完了です。

WEBブラウザを起動してインターネット接続できることを確認して下さい。


「i-フィルター」の画面が表れた場合は、原則として[使用しない]を選んで下さい。
一旦、WEBブラウザを閉じて、再度WEBブラウザを起動して下さい。
i-フィルター

**********************************************************************

7.トラブルシューティング

トラブルシューティングについては、メインサイトの『ホーム(基礎編)』の最終章のトラブルシューティングにしたがって下さい。

【SPONCERED LINK】


ホーム(基礎編) PC側での無線接続設定 ルーターのIPアドレス Buffaloルーター
NECルーター Logitecルーター Planexルーター fonルーター
au CUBE iPad/iPhone 新着情報 厳選Win7ノートPC